指定児童福祉事業所

ぷれゾンクラブ 金町

 児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業、保育所等訪問支援事業を行います。

障がいの有無に対する診断や、手帳の保有の有無に問わず、療育の必要があると診断された全てのお子さんがご利用できます。

 なお、国と自治体の給付により、ご利用料の1割のご負担でご利用いただくことができます。

児童発達支援事業

 児童福祉法第6条の2の2第2項に基づき、療育の必要があるとされる未就学のお子さんを対象に、日常生活における基本的動作及び知識技能の習得、並びに集団生活に適応することができるように、お子さんの身体及び精神の状況、並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な指導及び訓練を行う事業です。

 

放課後等デイサービス事業

 児童福祉法第6条の2の2第4項に基づき、学校(幼稚園および大学を除く)に就学し、療育の必要があるとされるお子さんを対象に、授業の終了後または休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進、その他の便宜を供与します。

 また、学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験などを通して、個々の子どもの状況に応じた発達支援を行うことにより、子どもの最善の利益の保障と健全な育成を図る事業です。

 

保育所等訪問支援事業

 児童福祉法第6条の2の2第5項に基づき、保育所、幼稚園、小学校、特別支援学校、認定子ども園、その他集団生活を営む施設に通う療育の必要のあるお子さんが、他のお子さんや集団生活に適応することができるように、お子さんの身体及び精神の状況並びに置かれている環境に応じた支援を適切かつ効果的に行う事業です。

← ぷれゾンクラブ  では、

 更に、お子さん一人ひとりの

ニーズに合った学習方略をご提供しながら、認知面・知識面・学習面の向上も目指します。

 ことば・発達面、認知・学習面、

ソーシャルスキル面、身体運動面(粗大運動、微細運動、協応運動、眼球運動など)の向上も目指します。

 

※ご入会月および1年に1回、発達検査を実施し、特別支援計画の作成を行います。更に、個々のニーズに基づいた個別指導計画にも導入し、お子さんのもつ個性に合わせた課題の作成および取り組みを行います。

※発達検査の結果については、保護者様のご要望があれば文章にてご提示させて頂きます(別途、文書作成料がかかります)。